シェアハウス事業

シェアハウスとは

machi
弊社の運営するシェアハウスでは、一戸建てもしくは寮、社宅などの既存建物を水回りなどに手を加え、同じ建物内で共同生活をする場のことを呼んでいます。
(一昔前の「下宿」のような住まい方に近いです。)

ワンルーム等のアパート・マンションは、借りる際に敷金・礼金・仲介手数料に加え、家具や家電の購入でかなりの手間と費用がかかります。

ワンルームとシェアハウスの違いとは?

ワンルームの場合

例えば、6万円の物件に住む場合、敷金・礼金が1カ月、仲介手数料を含めると合計20万円以上となります。

それに加えて生活に必要な家具・家電類は、ベッド・テレビ・デスク・チェア・冷蔵庫・洗濯機・調理器具・食器類など・・・
これらをそろえようとすると10万円以上はかかります。

電気・ガス・水道等のライフラインの契約手続きも必要となります。
インターネット環境の整備等も現在では欠かせない条件と言えるでしょう。
これらの契約や開通にかかる時間的支出も必要になります。

シェアハウスの場合

入居時にかかる費用は当月家賃と保証金・ハウス管理費(弊社の場合は40,000円)のみです。

家賃には共益費として固定で金額が設定してあります。
現在は10,000円の物件が多く、その中身は電気・ガス・水道・インターネット使用量が含まれており、個人で契約する必要はございません。

そのため、トータルで10万円での入居が可能となります。
さらに家具・家電については、個室にはベッド・エアコン・カーテン・照明・デスク・チェアが備えてあります(物件によって異なります)。

そして共有部には、冷蔵庫・テレビ・洗濯機・乾燥機が備えてあり、生活必需品であるトースター・電子レンジ・電気ポット・炊飯器・調理器具等が準備してあります。

よって、入居時に必要なものとしては寝具だけあれば可能となり、その費用は1万円以下に抑えることが可能となります。

シェアハウスのススメ

party
あともう一つ大きなメリットは、なんといっても「仲間」ができるということです。

初めての都会での一人暮らし。仕事が終わって誰もいない部屋に変えるのはさみしいもの。
シェアハウスであれば「ただいま」「おかえり」を言いあえる仲間がいます。

明かりのついた家に帰り、気の合う仲間と一緒にご飯と食べたりテレビを見たりと楽しく生活できる。
それがシェアハウスの持つもう一つの魅力と言えます。

sharehouse

このページの先頭へ